ココマイスター

コードバンシリーズについて

コードバンシリーズ

ココマイスターのコードバンシリーズに使用されている「コードバン」という素材は、かつて貴族達が愛した天然皮革です。

コードバンの持つ風合いは、「革の宝石」「革のダイアモンド」とも称されるほどに美しい光沢を放ち、一頭の馬から採取される部位はごく僅かな、大変希少性の高い皮革です。

コードバンを使用したコードバンシリーズは、ココマイスターの中でも、特に一生ものとして使い続けることのできる高級シリーズで、大人気の為、慢性的に品切れ状態となっています。

そんなコードバンシリーズの特長や各商品の口コミ・評価・評判についてまとめてみましたのでご紹介します。

目次

  1. コードバン長財布各商品の口コミ・評価・評判
  2. 長財布以外の小物商品の口コミ・評価・評判
  3. 似た商品・ブランドとの比較情報
  4. コードバンの特長
  5. コードバンの弱点は?
  6. コードバンの手入れ方法(メンテナンス)

コードバン長財布各商品の口コミ・評価・評判

コードバンシリーズ

コードバンシリーズの長財布は全部で8種類あります。 違いがわかりやすいよう表にしました。

シェルコードバン
特徴 外装 内装
表裏にシェルコードバンを使用。経年変化を楽しむことができる。 米国シカゴのホーウィン社の世界的ブランドシェルコードバン 米国シカゴのホーウィン社の世界的ブランドシェルコードバン
商品名
シェルコードバンアーチデューク

シェルコードバンアーチデューク

形状:ラウンドファスナー
価格:120,000円(税込)


商品名
シェルコードバンスタンフォード

シェルコードバンスタンフォード

形状:かぶせ蓋
価格:95,000円(税込)



マイスターコードバン
特徴 外装 内装
深みや適度なムラ感が上品。 美しい透明感が楽しめる。 日本の名門タンナーによる伝統的な水染め製法で染め上げたコードバン 1000年の歴史を誇るいたイタイアンオイルレザー
商品名
マイスターコードバンスカイスクレーパー

シェルコードバンアーチデューク

形状:ラウンドファスナー
価格:70,000円(税込)


商品名
マイスターコードバンハイフライヤー

シェルコードバンスタンフォード

形状:かぶせ蓋
価格:67,000円(税込)



コードバン
特徴 外装 内装
白く浮き上がるロウが、使うほどに深い光沢へと変化する様子を楽しむことができる。 国産最高級のコードバン 欧州の上質なヌメ革
商品名
コードバンラウンド長財布

コードバンラウンド長財布

形状:ラウンドファスナー
価格:54,000円(税込)


商品名
コードバン薄型長財布

コードバン薄型長財布

形状:かぶせ蓋
価格:45,000円(税込)


商品名
コードバン通しマチ長財布

コードバン通しマチ長財布

形状:かぶせ蓋
お札部分マチ仕様
価格:45,000円(税込)


商品名
コードバン長財布

コードバン長財布

形状:かぶせ蓋
価格:43,000円(税込)


では、コードバンシリーズの各商品の口コミ・評価・評判をご紹介しましょう。

シェルコードバンアーチデューク(120,000円)

シェルコードバンアーチデューク

ラウンドファスナータイプで、外装内装ともにシェルコードバンを使用した、大変贅沢な財布です。

口コミで知ったココマイスター製のシェルコードバンアーチジュークですが、奇跡的にてにすることができました。革本来の質感が手になじむ感じは想像以上です。コードバン(馬の臀部からとれる皮革)によるマットの部分も柔らかく、使い心地も抜群にいいです。オイルがたっぷり含まれたコードバンだからこそ、ココマイスターならではの重厚感を演出することができるものと確信しました。革製品は使えば使うほど味が出るものと聞いていますが、シェルコードバンアーチジュークなら大人の品格を余ることなく表現してくれます。これからも大事に使っていこうと思います。
ココマイスターの長財布、シェルコードバンアーチジュークのブラックを入手しました。探してもネットでの購入は楽天市場支店や公式のサイトでも売り切れで、入荷しても再販開始と同時に売り切れてしまう入手困難品でした。口コミサイトのアドバイスや販売お知らせメールを駆使してなんとか買うことができました。手にしてみると艶やかな鈍い光沢感と重厚さがあり、見た目よりも柔らかでしっとりとしていました。これが革のダイヤモンドとまで言われる、ホーウェン社がなめしたコードバンかと納得です。ココマイスターの職人がひとつひとつ手縫いで仕上げた縫製と相まって、長く使える逸品に仕上がっています。

コードバン自体、世界的にも希少な為、なかなか入手するのは困難です。

シェルコードバンアーチジューク12万円と効果にも関わらず、すぐに売り切れる大人気商品。

再販情報をメールでお知らせしてくれるココクラブに登録することをおすすめします。

シェルコードバンスタンフォード(95,000円)

シェルコードバンスタンフォード

かぶせ蓋タイプで、外装内装ともにシェルコードバンを使用した、大変贅沢な財布です。

ココマイスターのシェルコードバンスタンフォードの感想は、やはりまず、見た目の格好良さが挙げられます。独特の光沢を放つ革は、高級感、存在感とも抜群です。 内装にもシェルコードバンが使用されており、かぶせ蓋を開けたときもココマイスターの贅沢な風合いを感じられつい自慢したくなってしまいます。しっとり柔らかい革が使うほどに手になじみ、愛着が増していきます。 革の強度が高いため、傷や汚れがつきにくく、ダークトーンで汚れが目立たない所も長く使う上では大きなポイントです。 私はブラックをチョイスしました。
ココマイスターのシェルコードバンスタンフォードの口コミです。シェルコードバンが内装にも使われていて統一感があるところがお気に入りで、革のダイヤモンドと言われるだけあって光沢がとても美しいです。今はランドセルに近いような艶ですが、これから使い込んでいくうちにどんな風に深みが増していくのかとても楽しみです。ココマイスターの皮製品はどれもシンプルな中に大人の洗練されたおしゃれ感があるものばかりで感動させられます。

ついつい自慢したくなる気持ちわかります。

いわゆるハイブランドのような強い主張はありませんが、見る人が見ればわかる本物感は、持つ人に、男としての自信を与えてくれます。

マイスターコードバンスカイクレーパー(70,000円)

マイスターコードバンスカイクレーパー

外装は、日本の伝統的製法で作られた水染めのコードバン。

内装には、イタリアのバダラッシ・カルロ社の最高級オイルレザーを使用しているランドファスナータイプの長財布です。

カラーは、ブラックとボルドーワインの2色です。

ブラックとボルドーワイン

ココマイスターのマイスターコードバンスカイクレーパーを使用しているんですけど、周りからの評判が良いのでとても気に入っています。ココマイスターのコードバンはラウンドファスナーなので、安全性も高いです。口コミ通り水染めが良いなと感じています。ボルドーワインのような深い色合いなので、長年使っていくとどのような色合いになっていくのか今から楽しみです。ネットの口コミでも悪い評判が無かったので、購入したんですけど、正解でした。
革を使用した、革製品の生産で定評のあるココマイスター。財布やバック、名刺入れなど、革製品の伝統の技法を使い作る製品にはたくさんのファンがいます。私も長財布と名刺入れを使用しています。 そのココマイスターの中で私が使用している長財布は、マイスターコードバンスカイクレーパーという日本伝統の製法で染め上げ、最高級の水染めで染められたものになります。ココマイスターのコードバンは、日本でも口コミなどで広まり、人気がとても高いです。レザーもイタリアの名門の会社のオイルレザーを使用しており、使い込むことで劇的なエイジングが、生まれます。札入れの部分にはロゴも入っていてシンプルながら高級感があります。

水染めのコードバンは、独特な透明感と艶が魅力ですよね。

また、ボルドーワインはハリ感があり、経年変化がを楽しむのにもってこいのカラーです。

ロゴも内側に控えめに入っています。

ロゴも内側に控えめに入っています

マイスターコードバンハイフライヤー(67,000円)

マイスターコードバンハイフライヤー

日本伝統の技術で水染めされたコードバンとイタリア産のオイルレザーを使用したかぶせ蓋タイプの長財布。

ココマイスターのマイスターコードバンハイフライヤーは、インターネットショッピングサイトで口コミの評価が高いですね。この商品は、バダラッシ・カルロ社のココマイスターコードバンなので、高品質で耐久性も十分です。シボを使用したデザイン性の高い製品で、2色展開しています。表面は程よく光沢があり、使えば使うほど味が出てくる雰囲気です。かぶせ蓋タイプになっていて、高級感もあります。ちらりと見える内装が恰好良いです。カードや小銭も綺麗に入り大満足です。
ココマイスターのマイスターコードバンハイフライヤーは、シンプルなデザインと機能性を兼ね備えており、マチも薄くなっているので、ビジネスでもプライベートでも使っています。外装はポケットや装飾などもなく、全面にコードバンが施されているので、シンプルでありながらも高級感を感じることができます。力強いブラックのカラーと、美しい光沢感や革のハリなど、オシャレを演出してくれる財布になってます。ココマイスターの口コミ評価を見るとポケットに入らないというのもありますが、この高級感と機能性があれば許容範囲です。

コードバンの重厚感と、オイルレザーのコントラストが美しい長財布です。

コードバンラウンド長財布(54,000円)

コードバンラウンド長財布

ココマイスターのコードバンラウンド長財布に憧れて、口コミ評価などを参考に購入してみました。私の所有しているココマイスターのコードバンの長財布は、黒鹿毛でキメが細かいのが特徴です。お値段的にお手軽なリーズナブルな価格なのに、商品はとても質が高くて、使い勝手が良いので気に入りました。すぐ商品が入荷しても売り切れてしまうので、購入するのは時間がかかり大変ですが、満足できる商品なので待ち甲斐があります。購入した人の評価が良いのも納得できます。
ココマイスターのコードバンラウンド長財布を使用した口コミです。社会人も5年目になり、そろそろ大人っぽい革の財布が欲しいと思い、色々と探していたのですが、ココマイスターのコードバンはとても評判が良かったのでこちらに決めました。ヌメ革が使われているということでとても手触り感がよく、しなやかでスリムなのにたくさん入るところも実用性があって気に入っています。会社の同期や友人からも良い財布だとうらやましがられています。

コードバンラウンド長財布は、黒鹿毛とボルドーブラウンの鹿毛の2種類あります。

ビジネスやフォーマルなシーンに活躍してくれる重厚な上品さが魅力です。

コードバン薄型長財布(45,000円)

コードバン薄型長財布

ココマイスターのコードバン薄型長財布を手にした瞬間は、軽くて手触りがなめらかという印象でした。キングオブレザーと呼ばれる国産のコードバン革を使用しているだけあって、艶や光沢感というよりも、どっしりとした高級感があります。マチが薄いわりにもしっかりとカードが収納できますし、それでいてポケットにしっかりと収まる薄さなので、機能的にも文句なしです。ココマイスターの財布はどれも口コミ評価が高いですが、特にこの財布は理想的な財布になってます。
彼女からのプレゼントでもらったココマイスターのコードバン薄型長財布の口コミです。以前からココマイスターのコードバンの大ファンで財布も欲しいと思っていたのですが、実際に手にしてみると思った以上に革の質がよく、薄型のデザインや色遣いが出来る男風で、ポケットから財布を出すのが楽しくなってしまいます。使っていくうちに革の風合いも変わっていくということなので、どんな感じに味が出ていくのか楽しみに使っていきたいと思います。

プレゼントとして購入する人が多い

ココマイスターは、ハイブランドなみの上質感に反して、お値段はかなり抑えられていることもあり、自分用にはもちろん、プレゼントとして購入する人が多いのが特徴です。 ラッピングの美しさにも定評があります。

コードバン通しマチ長財布(45,000円)

コードバン通しマチ長財布
(黒鹿毛・鹿毛)

ココマイスターのコードバン通しマチ長財布を使用した口コミです。30代後半が使っても恥ずかしくないような上質な革の財布を探していて、ココマイスターのコードバンに一目ぼれしていまい、デザインを吟味してこちらに決めました。手元に届いた商品は理想通りのもので感激しましたし、通しマチで収納力もあり実用性も高いです。革も使っていくごとに柔らかくなって手に馴染んでいく感じがたまらなく、職人さんの高い技術を感じます。
ココマイスターのコードバン通しマチ長財布を購入したのですが、口コミ通りのとても質の良いものが届いて大変満足しています。ココマイスターのコードバンはとても人気が高いので品切れ状態のものが多く、かなり待ってやっと購入できたのですが、デザインも革の風合いも素晴らしくビジネスシーンにぴったりですが、プライベートでも意外とファッションを選ばず使いやすいので本当に待った甲斐がありました。また他のコードバンが入荷されたら購入したいと思います。

ココマイスターの財布は、シンプルなデザインだからこそ革のエイジングを実感しやすく、革マニアにはたまらない存在となっています。

一度出会うとまた次々欲しくなる!

そんな人が多いようです。

コードバン長財布(43,000円)

コードバン長財布

ココマイスターファンの50歳以上のオッサンです。 このほど購入したコードバン長財布について口コミさせて頂きます。 実は前から気になっていたもののコードバンの良さに気づかないままだったわけですが、他の口コミも参考にしながら購入。率直な感想はどうしてもっと早くに買わなかったのかという後悔の気持ちがまず第一にきました。コードバンは気品があって本当にかっこ良いです。 使い勝手も良く、100万円がすっぽり入る仕様が大人ですし、小銭入れは別に必要ありません。 ココマイスターの数ある長財布の中でもコードバンシリーズは持っておいて絶対に損はありません。
主人へのプレゼントにココマイスターのコードバン長財布を購入しました。主人は40代になるので時計と同じで財布も年代に合ったものをプレゼントしたいと思っていました。ココマイスターの財布は品のある高級感を感じられ口コミも良かったのでコードバンシリーズの財布を選びました。 職人さんが一つ一つ手作業で作っている財布は温かみがあり、革が柔らかくてピカピカとしていて一目で「この長財布がいい」と思いました。また長財布だけでなく小銭入れをお揃いで購入しました。

長財布と小銭入れを別々に持つ方も多いですね。

ココマイスターでは、長財布とは別に必ず小銭入れもシリーズにあります。

色違いで使用したり、お揃いのカラーでセット使いするなど、色々と楽しめます。

長財布以外の小物商品の口コミ・評価・評判

ココマイスターでは長財布が大人気ですが、二つ折りのの財布や小銭入れ、名刺入れなどもシリーズ化されています。

単体で持つものありですが、セットで揃えると更にできる男っぷりが上がります。 ここでは、長財布以外の小物に関する口コミ・評価・評判をご紹介します。

二つ折り


シェルコードバンジョンブル

シェルコードバンジョンブル(78,000円)

マイスターコードバンラスティング

マイスターコードバンラスティング(48,000円)

コードバン2つ折り財布

コードバン2つ折り財布(37,000円)

ココマイスターのコードバン2つ折り財布を使った口コミです。ポケットに収まる二つ折りのココマイスターのコードバンの財布が欲しいと思っていて、渋い大人の風合いが気に入り購入しました。マイスターコードバンラスティングのシェルコードバンジョンブルだと少し自分には早いかなと思い、こちらにしました。でも、実際に使ってみるとさすが、とても納得できるもので、革が馴染んで柔らかくなっていくところやロウがとけて光沢が出てくるところなど一つ一つのエイジングに毎日感心しきっています。

コードバンの最大の魅力は、ロウや革の質感の経年変化です。 「持つこと」自体を楽しむことができます。

名刺入れ


シェルコードバンヴァランテ

シェルコードバンヴァランテ(38,000円)

マイスターコードバンブレイズ

マイスターコードバンブレイズ(28,000円)

コードバン名刺入れ

コードバン名刺入れ(23,000円)

ココマイスターのコードバンが大好きで、今度は名刺入れがぜひ欲しいと思い、口コミを参考に購入させてもらいました。マイスターコードバンブレイズやシェルコードバンヴァランテもいいなと迷いましたが、自分はコードバン名刺入れの中でも表面にロウがひいてあって、使っていくごとに光沢の感じが変わっていくのが好きなのでココマイスターの中でもこちらを選びました。見る人が見ればすぐにわかるようで「いいものを使っているね」と言われて嬉しくてたまりません。

上質なものは革好きでなくても一目でわかります。 希少なコードバンを持つ者は自信と余裕をも手に入れられます。

小銭入れ


シェルコードバンサルトラム

シェルコードバンサルトラム(50,000円)

マイスターコードバンラウンドヘッド

マイスターコードバンラウンドヘッド(26,000円)

コードバン馬蹄小銭入れ

コードバン馬蹄小銭入れ(20,000円)

丸っこいシルエットが気に入ってココマイスターのコードバン小銭入れを購入した口コミです。ココマイスターの小銭入れにはマイスターコードバンラウンドヘッドやシェルコードバンサルトラムなどもあり、どれも魅力的に感じたのですが、自分にはコードバン馬蹄小銭入れが似合っている気がして、デザインも丸っこくて可愛らしかったのでこちらに決めました。ポケットにもすっぽり入るし、小銭も取り出しやすく、革の風合いも深みがあって最高です。

デザインもオシャレで使い勝手が良いので、私の周りにも何人かこのコードバン馬蹄小銭入れを愛用している人がいます。

長財布とのセット持ちしている人が多いですね。

似た商品・ブランドとの比較情報

コードバン長財布は、土屋鞄やGANZO、万双と比較してみると、手に馴染む程よい硬さが優れています。

外部からの衝撃を受けても自らシワや傷を蘇生する独自の性質を持っているコードバンは、ココマイスターの中でも使えば使うほどに深い味わいが出てくる素材として、絶大な支持を得ているのです。

土屋鞄などのメーカーはよりカジュアルな雰囲気を醸し出していますが、いつまでも綺麗に輝く艶や滑らかさを追求している人にとっては、ココマイスターがおすすめです。

ココマイスターのコードバン長財布は、艶のある光沢感をいつまでも味わっていたい人にはぴったりの商品です。

馬のお尻の部分からほんのわずかしかとれない希少価値のある素材が、非常に高い人気を集めています。

コードバンの特長

コードバンの特長

「コードバンシリーズ」は、コードバンという素材を使用した財布で、なめらかで質感のある製品になっています。

コードバンは農耕用に育てられた馬の臀部から採取される皮革で、財布だけでなく革靴や鞄など幅広く使用されています。

馬の臀部の革は硬く、硬度を持ち、希少性も高いので、コードバンは「革のダイアモンド」と呼ばれています。

臀部以外の柔らかい部分の皮革は、主に革靴の内革に使われています。

また、コードバンの希少性は非常に高く、農耕用に育てられた馬1頭から採取できる量は非常に限られています。

ヨーロッパ地方の食用として少数飼育されている馬からのみ採ることができます。 さらに食用の農耕馬の飼育量は年々減っているため、その仕入れの困難さと質の高さから、皮革素材としては最高級品になっているのです。

コードバンは馬のどこの部位?

コードバンは馬のお尻部分の皮に存在する厚いコードバン層から作られます。

ヨーロッパでも特に北欧の野生の馬は、背後からオオカミなどに襲われる危険があった為、この様にコードバン層が発達したと言われています。

品種改良されたサラブレットやポニーにはコードバン層が無く、野生の馬の名残を残す農耕馬からのみ革としてのコードバンは作られます。

また、製造に手間がかかる事からコードバンを原皮から仕上げまで全て行う皮革製造所は、米国のホーウィン社と日本の新喜皮革の2社しかありません。

コードバンの強度

コードバンの強度

コードバン層は革の表と裏の間にある厚さ2mm程の固い層で、職人の手作業により慎重に削り出されます。

革の床面層だけを使用するので、銀面の浮きや歪みが起きないという事からも丈夫な革として定評があり、高級ランドセルの革としても有名です。

また コードバンは、硬い質感と輝きのあるツヤ感が高級感と重厚感を持ち、牛革の倍もある強度は長期使用に耐えるという事でメンズ革財布としても非常に人気があります。

キメの細かい繊維は滑らかでしっとりとした感触がありながら、メンテナンスが艶だしクリームで磨く程度で済むという事も魅力です。

コードバンの使用感について

革財布などにもよく使われているコードバンですが、その使用感はどのようなものなのでしょうか。

非常になめらかでしっとりとした質感が特徴的で、これはキメの細かい繊維がむき出しとなっている状態のためのものです。

使い始めから艶やかで高級感があります。

経年変化を楽しむというよりは、最初から艶やかな光沢や滑らかな肌触りを求める人に向いています。

コードバンは革の宝石

コードバンという素材は馬の臀部にある約2mmのコードバン層と呼ばれる部位からのみ採取される天然皮革です。

「キングオブレザー」「革の宝石」と言われるほどキメが細かく、なめらかな質感が特徴の革です。

「1頭から少ししか取れないので希少性が高く、手間ひまをかけて作られるので宝石発掘のように大変で、革の宝石と言われるようです。

「ロウを吹付け磨きこむことで、コードバン独特の光沢が生まれ重厚感がまします。

コードバンは

●製造に6か月と言う長い時間がかかる事
●熟練の職人による削り出し作業が必要な事
●通常は絡み合いながら横に走る革の繊維がコードバン層では並んで縦に走っているので滑らかな質感をもたらしている事

この様な事から革のダイヤモンドとも例えられています。

コードバンの革財布は職人技

コードバンの革財布は職人技

内装には布地をいっさい使わず、ヨーロッパ製の最高級ヌメ革を使用することで、財布を開いたときにも優美な佇まいであることを第一としたデザイン性が際立ちます。 内部まで総革仕上げを行うには、熟練した職人の手作業により細部にまで丁寧な仕上げを施すことで耐久性と実用性、そして機能美とも言えるデザイン性が高い次元で融合される必要性があります。

コードバンの弱点は?

コードバンの特長をのべてきましたが、弱点は何でしょうか? まとめてみると3つありました。

コードバンの弱点3つ
●経年変化が遅い
●水に弱い
●人気過ぎて在庫切れが多い

ココマイスターコードバンの弱点として挙げられる点は、まず他の革よりも経年変化あまりみられないという点です。

これは、まったく経年変化しないということではなく他と比べると変化が遅いというだけです。

他には、水に弱く耐水性が低いという点もあります。濡れた状態で長時間放置すると濡れた部分に跡がついてしまうので水等で濡れた場合はしっかりと拭き取る必要があります。

また、ココマイスターについては在庫がなく売り切れという場合がかなりの頻度であります。

これは熟練職人が細部に至るまでしっかりと細かく作成しているので作成に時間がかかるので需要に対して供給が追い付かない現状があります。

以上のこれらのことがココマイスターコードバンの弱点と言えます。

コードバンの手入れ方法(メンテナンス)

コードバンの手入れ方法

内装のヌメ革は日々お金やカードを出し入れすることで、皮脂がワックスとなります。つまり、使い込むことがメンテナンスを行うことになります。

では、外装のコードバンのお手入れがどうしたら良いのでしょうか?

普段のお手入れ方法と、使い始めのロウのお手入れ方法についてまとめてみました。

普段のお手入れ方法

ココマイスターの長財布などの製品は年数の経過とともに色味などに変化が起きますがシミや汚れがつくこともありますので普段からの定期的なメンテナンスも必要です。

コードバンの普段のメンテナンスは、乾いた柔らかい布や革製品用ブラシなどでほこりや汚れを拭き取るようします。

コードバンは耐久性が高く、汚れやシミには比較的強いとされていますが、耐水性だけは低いので水に濡れることだけには特に注意しなければなりません。

そのため、水を防止する防水スプレーなどを使用し、あらかじめ保護しておくことが重要です。

防水スプレーに関してはココマイスターのサイトに載っているコロニル・ウォーターストップスプレーを使用するとシミにならずに、汚れや水からコードバンを守ることができます。

また、二か月に一度程度薄くクリームを伸ばして、乾いた布で磨き上げるとさらに良いでしょう。

使い始めのロウのお手入れ方法

ココマイスターのコードバンは、品質が非常に高く、繊維も丈夫であるため、ちゃんと手入れさえしてやれば、一生のパートナーになってくれます。

使い始めは固く、表面が白っぽくなってしまいますが、革用クリームを塗るなどの特別な処置は必要ありません。

白くなっている理由は、完成後におこなわれる蝋のコーティングが浮き上がっているだけです。

このロウが、オイルの役割を果たしてくれるので、柔らかい布などで馴染ませえるように優しく拭いてお手入れをしましょう。

ロウが使いこまれて馴染んでゆくことで、コードバン独特の深い光沢感が生まれてきます。

革は、そうして使用していくうちに、使用者に合わせて柔らかくなじむようになりますす。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ