革の種類で探す

コードバンシリーズについて

ココマイスターのコードバンシリーズに使用されている「コードバン」という素材は、かつて貴族達が愛した天然皮革です。

コードバンの持つ風合いは、「革の宝石」「革のダイアモンド」とも称されるほどに美しい光沢を放ち、一頭の馬から採取される部位はごく僅かな、大変希少性の高い皮革です。

公式サイトはこちら

コードバンの特徴

「コードバンシリーズ」は、コードバンという素材を使用した財布で、なめらかで質感のある製品になっています。 コードバンは農耕用に育てられた馬の臀部から採取される皮革で、財布だけでなく革靴や鞄など幅広く使用されています。 馬の臀部は硬く、コードバンは「革のダイアモンド」と呼ばれるほどの硬度を持ち、希少性も高いので、よくダイヤモンドと比較されています。

臀部以外の柔らかい部分の皮革は、主に革靴の内革に使われています。 また、コードバンの希少性は非常に高く、農耕用に育てられた馬1頭から採取できる量は非常に限られています。 ヨーロッパ地方の食用として少数飼育されている馬からのみ採ることができます。さらに食用の農耕馬の飼育量は年々減っていて、その仕入れの困難さと質の高さから、皮革素材としては最高級品になっているのです。

コードバンは馬のどこの部位?

コードバンは馬のお尻部分の皮に存在する厚いコードバン層から作られます。ヨーロッパでも特に北欧の野生の馬は、背後からオオカミなどに襲われる危険があった為、この様にコードバン層が発達したと言われています。

品種改良されたサラブレットやポニーにはコードバン層が無く、野生の馬の名残を残す農耕馬から革としてのコードバンは作られます。 しかし現在、農耕馬は減少傾向にあり、採取できる部分もお尻の部分のみということからコードバンは非常に希少価値の高い革となっています。また、製造に手間がかかる事からコードバンを原皮から仕上げまで全て行う皮革製造所は、米国のホーウィン社と日本の新喜皮革の2社しかありません。

コードバンの強度

コードバン層は革の表と裏の間にある厚さ2mm程の固い層で、職人の手作業により慎重に削り出されます。革の床面層だけを使用するので、銀面の浮きや歪みが起きないという事からも丈夫な革として定評があり、高級ランドセルの革としても有名です。

また、コードバンは製造に6か月と言う長い時間がかかる事や、熟練の職人による削り出し作業が必要な事、通常は絡み合いながら横に走る革の繊維がコードバン層では並んで縦に走っているので滑らかな質感をもたらしている事、この様な事から革のダイヤモンドとも例えられています。 コードバンは、硬い質感と輝きのあるツヤ感が高級感と重厚感を持ち、牛革の倍もある強度は長期使用に耐えるという事でメンズ革財布としても非常に人気があります。キメの細かい繊維は滑らかでしっとりとした感触がありながら、メンテナンスが艶だしクリームで磨く程度で済むという事も魅力です。

コードバーンの使用感について

革財布などにもよく使われているコードバーンですが、その使用感はどのようなものなのでしょうか。非常になめらかでしっとりとした質感が特徴的で、これはキメの細かい繊維がむき出しとなっている状態のためのものです。 コードバーンは単層構造と言われる構造のため、浮きと言われる現象が起きないという優れた特徴を持っている反面、繊維が縦に並んでいるため引っ張り強度には弱いという特徴も持っています。

このため、力のかかり方によっては簡単に裂けてしまうこともあるため、コードバーンを利用する際にはこの素材の特徴についても把握しておく必要があるでしょう。 通称革の宝石と呼ばれるようなこともあって、コードバーン繊維を削り出す作業が宝石採掘のようであることから、このような通称が付けられたとされています。 また、具体的な宝石名としてダイヤモンドに例えられることもあって、それはこの革が非常に稀少なものであるということからもきているのです。そんなコードバーンを利用して作られた製品には特別感が漂うのです。

最高級の国産コードバン

ココマイスターのコードバンシリーズは、最高級とされるコードバンの中でもさらに厳選された上位ランクの国産コードバンを使用しています。

ロウで仕上げることで使うほどに美しく深みを増すような光沢感を実現しています。 また最高級コードバンを使用することの誇りの象徴として、布地は使わず、内装にいたるまで総革仕上げに拘りました。

内装には国産のヌメ革を贅沢に使用することで見えないところも決して手を抜かない、ポリシーのある男の逸品を作り出しています。

コードバンは革の宝石

コードバンという素材は馬の臀部にある約2mmのコードバン層と呼ばれる部位からのみ採取される天然皮革です。「キングオブレザー」「革の宝石」と言われるほど極めが細かく、なめらかな質感が特徴の革です。

1頭から少ししか取れないので希少性が高く、手間ひまをかけて作られるので宝石発掘のように大変で、革の宝石と言われるようです。ロウを吹付け磨きこむことで、コードバン独特の光沢が生まれ重厚感がまします。

コードバンの革財布は職人技

内装には布地をいっさい使わず、ヨーロッパ製の最高級ヌメ革を使用することで、財布を開いたときにも優美な佇まいであることを第一としたデザイン性が際立ちます。

内部まで総革仕上げを行うには、熟練した職人の手作業により細部にまで丁寧な仕上げを施すことで耐久性と実用性、そして機能美とも言えるデザイン性が高い次元で融合される必要性があります。

コードバンのメンテナンス

内装のヌメ革は日々お金やカードを出し入れすることで、皮脂がワックスとなります。つまり、使い込むことがメンテナンスを行うことになります。

ブライドルシリーズについて

イギリスで1000年もの間、王侯貴族の間で馬具の素材として愛されてきたブライドルレザーを、卓越した技術を持つ日本の革細工職人達が、丹誠を込めて仕上げた鞄や革財布。それがブライドルシリーズです。

ブライドルは非常に扱いづらい革で、硬くてクセも強いので職人泣かせの代物ですが、完成された革財布は一生涯使い続けられる芸術品です。 ラインナップが豊富で、財布をはじめ鞄、名刺入れ、キーケースなどのマスターアイテムを一通りそろえることが可能です。

公式サイトはこちら

ブライドルレザーの特徴

ブライドルレザーは、1000年もの歴史を持つ英国が誇る最高峰の皮革です。元々は、馬具として開発された由緒あるレザーなのです。 堅牢さと美しい光沢の秘密は、革に何度もロウを塗りこむその製法にあります。この製法によって、しみ込んだロウが牛革の繊維を引き締め、馬具として過酷な環境で使用されるに耐える堅牢性を確保しているのです。

<特徴1>「ブルーム」と呼ばれる白いロウ

上流階級の贅沢品であった革を贅沢に使用した革財布です。ブライドルレザーの特徴は、表面に浮き出た白いロウです。「ブルーム」と呼ばれていて、使用するうちにブルームが取れて光沢へと変化します。

使う人が触れることによって、体温などでロウが少しずつと溶け出し、それが表面をコーティングすることでワックス効果が生まれ、表面に美しい光沢感を生み出します。ブライドルレザーの持つ光沢感や品格あふれる素材としての風合いは、持つ人にとっては特別なものです。 特に革財布は日常的に使うものですから、体温や手の温度で適度にブルームが溶け出し、使うほどに風合いを高めていくことになります。ブライドルレザーは元々堅牢性に優れた素材ですから、日頃のメンテナンスはこのブルームを乾拭きする程度で十分です。

一般的な革製品と比べるとメンテナンスも楽で、耐久性も高く、長い目で見ればコストパフォーマンスも良いシリーズと言えるでしょう。

<特徴2>植物の天然エキスでなめしている

ブライドルレザーは牛の表面の皮を使用した牛革の皮革素材です。植物の天然エキスでなめします。(ナチュラル・タンニンなめしと呼ばれる) 蜜ロウやタロウ、植物性油などのワックス(ロウソクの蝋)をアイロンや手で革の表面に塗り、しみこませます。 植物の天然エキスを使用したものなので、有害物質がなく環境や人にやさしい素材です。

<特徴3>耐久性が高く重厚で高級

このブライドルレザーの製作には、期間として長いもので1年以上かかることもあり、コードバンと並んで最高級皮革素材とされています。 また、ブライドルは英語で馬具の器具を意味していて耐久性が高く、牛革を使用した重厚で高級な見た目の特徴があります。 このブライドルレザーによる「ブライドルシリーズ」は、貴族のような雰囲気を演出できる製品といえると思います。

イギリスの名門タンナー家が作り出す天然皮革素材

ブライドルレザーはイギリスの名門、タンナー家が作り出す天然皮革素材で、美しい光沢と馬具に使用されるほどの堅牢性を持ちあわせた素材です。しかし、これを細かい多くのパーツで構成される革財布や鞄に使用するのは非常に難しく、世界中の革細工職人達が敬遠してきた素材です。

ブライドルシリーズのメンテナンス

ブライドルシリーズの革財布は表面にはブライドルレザー、内装にはヌメ革を使用しています。この内装に使用されているヌメ革も、ヨーロッパ製の伝統ある高級素材を使用しています。表面にあしらわれたブライドルレザーは、大変丈夫な素材なので日常的なメンテナンスは、浮き出てくるロウを乾拭きする程度で十分です。

また、経年使用によって乾拭きしても表面がかさつく場合には、レザー用のクリームを塗って油分を補給すれば、ブライドルレザー本来の輝きがよみがえります。内装のヌメ革は、目が詰まっていてタンニンでなめしているため購入直後は硬くごわごわした手触りですが、使っていくうちに柔らかい質感に変化していきます。

ヌメ革も大変丈夫な素材のため、少々手荒な扱いをしても破損するようなことはありません。しかし、表面に傷がつきやすいという性質があります。しかし、この傷さえも味にかえてしまう不思議な魅力のある素材が、ブライドルシリーズで使用されているヌメ革の特徴と言えるでしょう。

ただし、表面のブライドル素材同様水に弱いという性質があるため、雨の日の使用はなるべく控えて、内装のヌメ革に油分が十分にコーティングされるまで待ち、表面のブライドルレザーには防水スプレーをして防水対策を講じるなどの必要性があります。

マットーネシリーズについて

マットーネシリーズに使用しているマットーネ革は、イタリアの老舗タンナーであるバタラッシ・カルロ社によって作り出される独特の風合いが美しい天然皮革です。 マットーネは、イタリアに1000年のも間伝承されてきた「バケッタ」と呼ばれる手法で、丁寧になめされた柔らかで気品のある光沢を持つ美しい皮革です。

公式サイトはこちら

マットーネシリーズの特徴

マットーネシリーズの革財布はこのマットーネの一枚革を表面にあしらったレギュラーシリーズと、マットーネ革の持つ風合いを最大限活かすために、短冊状に裁断したマットーネ革を織り込んで美しい幾何学模様をデザインしたオリヴェートシリーズの二つのラインがあります。 このためカラーリングの違いだけでなく、仕上げの違いを楽しめるのもマットーネシリーズの特徴と言えるでしょう。マットーネシリーズを手にすることで得られる最大の喜びは「経年変化を楽しむ」ことにあります。

バタラッシ・カルロ社の技術について

メーカーであるバタラッシ・カルロ社は、効率化よりも品質を重視してマットーネ革を製造しています。そのため素材一点一点に手間ひまを惜しまず、全て手作業で複数の異なるオイルをしみ込ませていくという、熟練の技を必要とする製法で作られています。 そのため使い込むほどにしみ込んだオイルが染み出てきて、美しい光沢を醸し出し、マットーネの持つ優しい風合いと相まって、いつまでも手にしていたいと思わせる上質感がマットーネシリーズ最大の特徴です。

マットーネシリーズのメンテナンス

マットーネシリーズの表面にあしらわれたマットーネ革に最適なメンテナンスは「毎日使用すること」です。毎日使用することで、内側にしみ込んだ数種類のオイルが表面に滲み出てきて、それがワックス効果となり素材の耐久性を向上させます。 また見た目にも滲み出てきたオイルによって美しい光沢が生まれ、見た目と実用性の両方を兼ね備えた革財布へと「成長」していくのです。革製品独特の特徴として、使うことによって使う人の環境に合わせた伸び具合をみせ、更に手に馴染む逸品へと変貌していくことでしょう。

マットーネシリーズのメンテナンスアイテム

大切な物だから大切にメンテナンスをしたいという方は、コロニアル・シュプリームクリームを2週間に1度の割合で塗ることで表面がコーティングされ、更に耐久性が増します。ただし、コロニアル・シュプリームクリームを使用する際には、必ずパッチテストを行った上で使用するようにしてください。 マットーネシリーズの内装には、ヨーロッパ製の高品質ヌメ革を使用しています。こちらも非常に丈夫な素材なので、毎日使うことで持ち主の手の脂が革になじみ、ワックス効果によって柔らかさと美しい光沢を生み出します。 ただし、ヌメ革は水に弱いという性質があるので、十分に使い込んでワックス効果が生まれるまで雨の日の使用は控えた方が良いでしょう。

「ガゼイン加工」仕上げ

イタリアが生産しているカーフ(生後6ヶ月以内の子牛から採取される皮)を使用していて、1000年以上の伝統から受け継がれているバケッタ製法で、時間とコストを大量にかけて、丁寧に皮革職人が加工します。 その後、さらに「ガゼイン加工」という仕上げを施します。 ガゼイン加工は、卵白が原料の「ガゼイン」で行う仕上げ方法で、皮革の表面にマットーネ特有の光沢感、つやを出せます。 このマットーネによる「マットーネシリーズ」は、表面に適度なしわ、独特の光沢感があり、時間とともに深い味を楽しめる皮革製品といえると思います。

世界でも有数の革の産地で作られるバケッタレザー

イタリアのトスカーナ地方では、州都であるフィレンツェで革なめし職人の商業組合がありました。フィレンツェを横断するアルノ川の水質と豊富な水量、タンニンを多く含む栗林、この地方の温暖な気候が高品質な革を生産するのに最適であるという事から、現在も世界でも有数の革の産地として有名です。 トスカーナ地方の皮革製造業者は5,000社程ありますが、その中でもバケッタ製法を行う業者は3社しか無く、詳しい製法が謎に包まれているという事からも、バケッタ製法レザーは希少価値の高い革として知られています。バケッタレザーの名称は有名ですが、バケッタは製法の事なので、バケッタ製法レザーと呼ぶのが正しいと言われています。

詳しい製法が謎に包まれているバケッタ製法

バケッタ製法についてわかっている事は、長時間プールに漬け込んで行うピット製法によるフルベジタブルタンニンなめしという事、牛の脚の骨から採れるニートフットオイルにじっくり漬け込んで作るという事です。 元々、バケッタ製法はトスカーナ地方で古くに行われていた製法なのですが、一度継承が途絶えて幻の製法となっていました。それを今によみがえらせたのがバダラシィ・カルロ社を創設したカルロ・バダラシィ氏でした。

そのことから、バケット製法の革と言えばこのバダラシィ社の革という認識が広まっています。 タンニンなめしが施された革は丈夫なのですが、キズがつきやすくひび割れなどを起こしやすい難点もあります。 しかし、このバケット製法レザーは油がたっぷり染み込んでいる事で、劣化しにくいわりには色の変化が早く、メンズ革財布の愛好者の中でも人気の素材となっています。

ビジネスでもカジュアルでも存在感あり

ココマイスターのバケッタシリーズはカジュアルシーンを意識した展開となっています。マットーネの持つ繊細で美しい光沢と質感は、ビジネスシーンでも圧倒的な存在感を持ち、使う人の心を優越感に浸らせてくれます。

カッチリとしすぎない適度な遊び心は幅広いシーンで持つ人の個性を演出します。

その他のマットーネシリーズ

マットーネシリーズのウォレット(財布)やキーケースにはマットーネが本来持つ質感と使い込むほどに味を出します。

風合いをそのまま活かし、一枚革で仕立てたラインとマットーネを帯状に裁断し、それを編み込むようにして作り出した「オリヴェート」ラインとがあります。

大人の遊び心を演出したいならマットーネシリーズは最適な相棒となります。

マットーネシリーズの織り込み長財布

マットーネシリーズで最も個性的なのが、マットーネを帯状に裁断しそれを編み込むことで表面に立体的な幾何学模様を施した「オリヴェート」ラインでしょう。

マットーネシリーズはカジュアルを意識したラインですが、ココマイスターの熟練した職人による丁寧な手作業で編み込まれたマットーネ革はまるで芸術品のような美しい模様が表現されています。

マットーネシリーズの織り込み長財布の特徴

幾何学的な模様は見る人によっては、まるで竜の鱗を彷彿とさせ、またある人にとっては美しいグラデーション模様として映り、使う人のセンスを更に磨いてくれます。

また表面をマットーネの一枚革で仕上げたレギュラーラインも、フォーマルになりすぎない適度な柔らかさが、見た目からもわかるほどの優しく繊細な光沢と質感にあふれています。

マットーネシリーズの織り込み長財布の内装は?

内装にはヨーロッパ製の高級ヌメ革を使用。 傷みやすい布地を一切使わないことで、製品そのものの耐久性を向上させています。

新品の状態でも柔らかな質感のあるマットーネですが、使い込むほどにその柔らかさは増していき、使う人の手に馴染む行程は革製品好きの方には至福の時間となることでしょう。

ナポレオンカーフシリーズについて

フランス革命期の英雄として激動の時代を駆け抜けた人物として世界的に知られている、「荒ぶる英雄、ナポレン」の名を冠したシリーズです。ナポレオンカーフは、欧州の伝統皮革で時代を遡ること数百年の1800年代にヨーロッパで使われてきた歴史ある皮革なのです。 日本には流通していない素材で、この素材を使った革財布を手に入れるのならばナポレオンカーフにこだわった専門店を利用する必要があります。

公式サイトはこちら

カーフレザーを使用<ナポレオンカーフ>

ナポレオンカーフシリーズはシリーズ名にもあるようにカーフレザー(子牛のなめし革)を使用しています。

ナポレオンカーフは、製造工程が非常に複雑で熟練の技師によって何度もオイルと蜜蝋でグレージングさせます。

染料にも塩基性染料のみを用い、吟スリと呼ばれる技法で丁寧に起毛させた上質感漂うエイジング加工が施された素材です。

ナポレオンカーフの製造法は門外不出

ナポレオンカーフの製造法はイタリアのタンナー家で生み出され、今もなお門外不出の秘法とされていて一切は謎に包まれています。

その素材の良さは一目瞭然で、一般的な機械で作られたヌバックレザーとは別格です。

まるでカシミアやベルベットのような手触りとも称させる最高級のカーフレザーがナポレオンカーフなのです。

ナポレオンカーフはエイジング(経年変化)が早いため日本国内では流通量の非常に少ない超希少な天然皮革です。

ナポレオンカーフの特徴

ナポレオンカーフ最大の特徴は、何といってもその手触りと質感にあります。柔らかになめされ、丁寧に起毛処理がほどこそされたナポレオンカーフの表革は、ベルベット調の手触りで光の当たり具合で色合いが繊細に変化し、万華鏡のようなグラデーションが現れては消えて現れてきます。 ナポレオンカーフは革製品愛用者にはたまらない魅力を持っていて、本物にこだわる人のための素材と言われたりもしています。革製品の楽しみ方のひとつには、あえて経年変化させて楽しむというものがありますが、このナポレオンカーフは非常に経年変化のスピードが速いのも特徴です。

ヴィンテージ好きにはたまらないナポレオンカーフ

新品の頃は落ち着きの中にも艶のある発色を持つナポレオンカーフですが、半年程度で味のあるアメ色に変化していくので、ヴィンテージ好きな人にはたまらないアイテムです。

しかしエイジングが速いといっても耐久性に劣るということではありません。 内装にも贅沢にナポレオンカーフをあしらいながら、熟練の職人によって見た目以上に丈夫なアイテムに仕上げられています。

この細工が出来るのもココマイスターの職人技術が世界最高峰であることの証なのです。

経年変化のスピードが速い

経年変化のスピードが速いので、手軽に革製品の良さを知りたいという人にも向いていて、革製品の入門という意味でも向いている素材です。革製品の妙味を存分に味わうためには、ぴったりの素材だということもできるでしょう。

このような特徴を持っているため、ビンテージジーンズなどのファッションにもぴったりマッチしてくれ、革製品を上手に使ったコーディーネートを楽しめる素材なのです。 ナポレオンカーフが使われた製品には、経年変化がより楽しめるような工夫がなされていることが多く、日々刻々と変化していく製品の状態に魅力や楽しみを感じながら利用していくことができるのではないでしょうか。

パティーナシリーズについて

イタリア産の最高級のヌメ革を使用した贅沢なシリーズです。成牛の肩部分を原皮に使用していて、革特有の色ムラやシワが楽しめる革です。パティーナは、自然な風合いをそのまま残したシリーズなので革好きにはたまらない革です。

公式サイトはこちら

パティーナの特徴

パティーナは、植物の渋みでなめされたベジタブルタンニンレザーと呼ばれるヌメ革を使用しています。ヌメ革は、非常に丈夫な革ですが、表面加工がされていないので傷がつきやすいのが少々難点です。

表面加工をほとんどされていないので、生きていた頃の牛の傷やシワ、血管や毛穴の痕が残っていています。1頭1頭の個性が違うので、同じものはない革好きにはたまらない革です。簡単に爪あとや傷が付いてしまいますが、その傷さえも愛おしく見えてしまう革です。

パティーナのは水に弱い

パティーナは、表面加工がされていないので非常に水に弱い欠点があります。購入したら、すぐにクリームを塗って保護することをオススメします。使用していくうちに自然と手の脂で保護膜ができますが、クリームを塗っておく方が汚れにくくなります。

更に、防水スプレーもかけておくと雨の日でも安心です。傷もシミも革としてはいい味ですが、クリームなどで保護することで長く愛用することができます。

ジョージブライドル について

ジョージブライドルは、日本の熟練職人がイギリスの伝統的な天然皮革を内装に至るまで全面に贅沢に使用した、まさにフラッグシップを名乗るのに相応しい革財布のシリーズです。 「英国王へ納める革製品」というコンセプトから、シリーズ名には代々イギリス国王に受け継がれてきた「ジョージ」を拝し、風格と気品そして優れた耐久性を持つシリーズです。

公式サイトはこちら

ジョージブライドルの特徴

ブライドルレザーは1000年以上の歴史を持つ伝統的な皮革素材で、イギリスを始めとしてヨーロッパでは永きにわたって馬具用の素材として使用されてきました。その最大の特徴は表面に浮かび上がるロウが作り出す豊かな表情です。

このロウは使い込むほどにより一層の光沢感を演出し、目を見張るほどの美しい艶と気品を生み出してくれます。ただし、ブライドルレザーは馬具に使用されていたことからもわかるように、耐久性には申し分ないものの、素材そのものは硬く加工が難しいため、長く世界中の職人達に敬遠されてきた素材でした。

ジョージブライドルシリーズは、こうした伝統的なブライドルレザーと卓越した技術を持つココマイスターの職人たちのと出会いによって誕生しました。それ故に生み出されたプロダクツは革財布の枠を超え、シンプルながらもまるで工芸品のような美しさをたたえています。

ジョージブライドルのメンテナンス

ジョージブライドルシリーズは、プロダクツの表面だけでなく、内装に至るまで、全面にブライドルレザーを施すという贅沢な仕様の革財布です。ブライドルレザーのメンテナンスに関しては、素材そのものが大変丈夫なので、購入直後から当分の間の日常使いには表面に浮き出てくるロウを乾拭きするだけで問題はありません。

ただし、水には弱いという特徴があるので、雨の日に使うときには防水スプレーなどをして防水対策を行ってください。また経年の使用によって革表面が乾拭きをしてもかさ付きが出てくるようなら、レザー用のクリームなどで油分を補うことで、従来の風合いを維持することが可能です。

ココマイスターで使用しているブライドルレザーは、最も強度の高い牛の肩(ショルダー)の部分を使用しています。この部位は牛が生きていた頃の傷や血筋が目立つ部位でもあるのですが、それが独特の表情となり、一点ものの個性を引き出しています。 こうしてちょっとしたメンテナンスを行うことで一生涯つきあえるパートナーとなってくれるのがジョージブライドルシリーズなのです。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ