「革」と「皮」の違い

「革」と「皮」の違い

革財布を存分に楽しみたいならば、「革」と「皮」の違いについても把握しておきたいところです。まず皮についてですが、これは動物の皮膚を剥いで何も加工していない状態のものをいいます。つまり、鞣(なめし)が施されているかどうかが、「革」と「皮」の違いです。

また、皮の大きさなどによって名前も異なってきて、成牛皮や馬皮などの大きな川は英語でハイドと呼ばれ、小牛皮や羊皮のような小さなものはスキンと呼ばれたりしてます。

漢字で分かる「革」と「皮」の違い

突然ですが、「革」と「皮」の違いについて知っていますか?まずこの2つは同じ読み方なのに、漢字が違います。漢字が違うということは、その成り立ちや意味合いも違うということです。

では、まずこの両者の違いをはっきりさせるためにそれぞれを英語に訳してみると… 「革」は「レザー」 「皮」は「スキン、もしくはハイド」と訳すことが出来ます。

革財布などに利用されるのは、既にその文字が物語っているように「革:レザー」を使います。これは原料となる革を製造する段階で「鞣(なめ)し」などの加工を施すことで作り出されたもので、簡単に言えば「何らかの加工が施された皮」ということになります。

「革」と「皮」の特徴

昔は「革」のことを「つくりかわ」と読んでいたことからも、革は製品の原材料とするために耐久性や保存性などを向上させるために様々な加工が施されたものであるということがわかります。

ではもう一方の「皮」の方ですが、これは「革」が鞣(なめ)しが施された加工品であることに対して、動物の皮膚をそのまま剥いだもの、と解釈することが出来ます。革ではなく皮の字が使われる高級素材としては「毛皮」が知られています。

毛皮は「革」、蛇皮や鰐皮は「革」or「皮」?

厳密に言えば現在の毛皮は、「革」になります。これは動物が持つ毛をそのまま活かしていて、昔は狩りをした動物からそのまま皮を剥いで乾燥させたものを防寒具や衣類に利用していた時の名残で、「皮」の文字が使われていると考えられています。

また、革財布でも蛇皮や鰐皮など虫類の皮を使う場合は、「革」ではなく「皮」の方が使われています。これも剥いだ皮を殺菌して乾燥させた状態で使用することが多く、いわゆる一般的な鞣(なめ)し加工は、殆ど行われていないために「皮」の字があてられていると考えられます。

ここまで説明すればもう、「革」と「皮」の違いはお分かりですね。鞣(なめ)しが施されているか否かが一番わかりやすい判断材料になります。

「革」は「皮」を加工したもの

革は皮を加工したもので、これは動物の皮を剥いでそのままにしておくと、固まったり腐敗してしまったりするため、それを防ぐ目的で加工をされたものなのです。加工法も様々で皮を柔らかくしたり、腐敗しないような処理を加えたりして、できる限りの長期的な利用を可能にするのです。

つまり…革財布などの革製品は、動物の皮を加工して革にしたものを使って作る製品だということができます。また、皮を革に加工することをなめしといい、このなめしは古来から行われてきた方法であるということが判明しています。

歴史の教科書などに出てくる大昔の人々の絵に動物の皮などを身につけているものが多く見られます。これらの皮は実はなめしが行われた状態のものであることが判明しており、古代の人々は動物の脂や草木の汁などを使って加工したり、煙でいぶしたりしてなめしをしていたようです。

現在もこのようななめしの作業が用いられることもあって、なめしは昔から現在まで人々に広く浸透してきた行為であることがわかります。

天然皮革の弱点について

魅力的な革財布をせっかく手に入れたとしても、メンテナンスを怠ったため天然皮革の魅力を半減させてしまったというのではいけません。天然皮革をしっかりメンテナンスして使うためには、天然皮革の弱点を知らねばならないのです。

天然皮革の弱点は水気に非常に弱いというポイントで、雨などによって水気を含んでしまうと、その箇所がシミになったりして製品の魅力が台無しとなってしまうのです。

また、水気に弱いだけではなく乾燥にも注意する必要があり、日光やストーブなどで乾燥させてしまうと表面がヒビ割れしてしまうことがあるのです。

このような劣化は、天然皮革の魅力のひとつである自然劣化とは全く違うので、この二点については天然皮革の革財布を利用する場合にはしっかりと注意したい部分です。

天然皮革のメンテナンスについて

天然皮革の弱点についてわかったのならば、今度は本格的なメンテナンスについて学んでいきたいところです。それほど難しいものではなく誰にでも簡単にできるものなので、面倒くさがらずにしっかりとメンテナンスしていきたいところです。

肝心のメンテナンスの方法ですが、乾燥を防ぎ防水性を高めてくれるような専用のケア用品を使ったメンテナンスです。この手のケア用品を使って製品表面の汚れやほこりをしっかりと落とした上で、適量を取り表面にまんべんなく塗布していきます。

その後に表面が乾いたら綺麗な布でさらに表面をふき取ることでメンテナンスは終わりです。注意点としては、ケア用品を使う時にはしっかりと製品にあったものを使うということです。

皮革に使われる動物

ココマイスターが、こだわっている皮革(ひかく)についての説明をしています。ヨーロッパ等では天然皮革と人工皮革の違いについて、はっきりと区別されていますが、日本では基準があいまいになっているので区別しずらいという現状があるそうです。

ココマイスターではもちろん皮革にこだわっているので天然皮革を使用しています。ちなみに、皮革でもその動物の体毛まで使っている製品のことを毛皮というそうです。

動物の皮膚を剥いで製品にしているものを皮といって、動物の体表に生えている毛を剃ってからなめしている製品を革といいます。 皮革に使われる動物の種類には、牛、豚、馬、羊、山羊、カンガルーなどが主なものとしてあります。

これ以外にも多くの動物の皮を利用しています。たとえば他の哺乳類では鹿、象、ラクダ、トナカイ、爬虫類ではワニ、ヘビ、トカゲ、鳥類ではダチョウ、魚類では鮫、エイなどが使われています。

天然皮革に使われている主な動物について

ココマイスターでは、質のよい天然皮革にこだわっているお店ですが、ここで天然皮革に使われている主な動物についての説明をしたいと思います。まず牛ですが、牛は革製品でいちばん一般的なものです。だいたい革製品と聞けば牛を連想する人がほとんどでしょう。

中でも革靴に使われている革の量が最大で、成牛の背中や脇などの皮を使っています。基本的には肉牛の皮を使用していて、表面にエンポス加工をほどこして、ワ二やへビなどの皮に似た加工をします。ココマイスターではこういった天然皮革にこだわり、ヨーロッパなどから皮を輸入しています。

カンガルーも最近増えている

最高級の皮革製品を販売しているココマイスターのこだわる、皮革について、使用されている主な動物について説明しています。豚はすごく柔らかい革や、硬くて半透明の革も作れます。表皮の下部に脂肪をもっているので牛の革のような厚さのある革にはできないのがポイントです。

豚の革は、特に靴の内革などに使われています。一目見るだけで豚のものとわかるので安価になっていましたが、最近は海外の有名メーカーでもデザインを凝らしたものを作って工夫しています。また、日本が輸出している主な革でもあります。

羊の革は、やわらかくて脂肪の穴も多いので、革にすると隙間が残って断熱性がよく、防寒用の製品に使われています。 カンガルーは、最近よく使われるようになってきた皮革で軽さがあって丈夫なのでサッカー選手、陸上選手のシューズなどに使われています。

牛の革が少なくなっていくのに伴ってカンガルーの革が使われていくようになり、外見上も牛のものと大差はないそうです。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ