ココマイスターの評判

日本職人が作る心温まる革製品

今、世界では改めて「Made In Japan」が大きな注目を集めています。2013年は海外から訪れた観光客の数は1000万人を超えています。そしてその多くの観光客が「日本製」のものを求めて訪れているのです。

日本が生み出す数々の工業品や工芸品には多くの外国人を魅了してやまない「美」と「機能性」にあふれています。そして熟練した職人が手作業で作り出す品物には、手にした瞬間に虜になってしまうような使い心地の良さと、手に「すっと」馴染む風合いを感じることが出来るでしょう。

ココマイスターの革製品も最高級のイギリス製皮革を素材の中心として、日本が誇る熟練の職人たちが一点ずつ丹誠を込めて作り出した、匠の技の結晶と呼ぶにふさわしい製品たちです。

厳選されたイギリスの伝統的は皮革

最高の素材は最高の技術によって初めて活かされます。また、その逆も真なりと言えるでしょう。素材の持つ風合いや質感が良ければ、過度なデザインは必要ありません。シンプルであればこそ、際立つ機能美が高い次元でデザイン性と融合していくのです。

ココマイスターの革製品には伝統的な皮革が素材として使われています。特にイギリスで馬具として開発されてきたブライドルレザーは実用性を重視しながらも、乗り心地を追求するために高度ななめし技術が施され、素材自体が美しい光沢と滑らかさを持っています。

ココマイスターの職人たちはこうした最高級の素材の魅力と機能性を最大限に引き出すために、例えば財布の切れ端部分にはコパ塗りと呼ばれる手間のかかる作業を施して製品を仕上げていきます。こうした丁寧な手作業の結集によって、ココマイスターの革製品は本物を知る多くの方達に愛されているのです。

天然皮革の醍醐味、使い込むほどに味が出る

革製品の愛好家にとって、天然皮革の醍醐味は何と言っても使い込むほどににじみ出てくる「風合い」ではないでしょうか。購入時には同じデザインのものでも、愛好家の方達と同じ時を刻みながら、天然皮革は年々その味わいを深めていきます。

また、人口皮革と違い、天然皮革は素材自体に個体差があり、同じ行程、同じデザインで作られたものでも、切り出す部位によって個性が生まれ、世界に二つとない製品となります。ココマイスターが使用しているマットーネ皮や内装に使われているヌメ皮は?纈(ろうけつ)などの表面加工をほとんど施していないため、牛が生前持っていた傷や血筋がそのまま残されています。

しかし、この傷や血筋をうまく活かすことでその製品の味を生み出し、半年も使うと新品の頃とは違う表情を見せてくれるようになります。その風合いは道具というより「相棒」と呼ぶのにふさわしい愛着ある一品へと変貌を遂げることでしょう。

ココマイスターのギフト

大切な人へ真心を込めたギフトを贈る。贈る方も贈られた方も最高の気分になれる一瞬ですね。ココマイスターの革製品はどれも由緒正しい天然皮革の製造メーカーから仕入れた、最高級の皮革を素材として、熟練の職人達が一点一点丹誠を込めて作り出した逸品揃いです。

本物を知る大人向けのギフトとしてはもちろんのこと、これから社会人として「本物とは何か」を学ぶ新社会人に向けての就職祝いやお誕生日のプレゼントとしても最適です。また、ココマイスターでは「ココクラブ(会員制)」に入会すると、製品に不具合が生じたときに永年保証を受けることができます。

大切な人から贈られた、大切なものだからこそ、一生ものとして常にその人の側で、同じ時を刻んでいくことができるのも、ココマイスターの物作りのポリシーがあればこそ可能なのです。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ