オークバークシリーズの口コミ・評価・評判

オークバークシリーズについて

オークバークシリーズは、薬品を一切使用せず、オークの色で着色したオークバークを表裏に使用した非常に贅沢な作りになっています。

表面はロウで仕上げされているので、光沢とヴィンテージ間の両方を楽しむことのできます。

高コストと効率の悪さから絶滅寸前だったオークバークを使用して、世界初で革小物を作ったのがココマイスターのこのシリーズです。

目次

  1. オークバーク長財布各商品の口コミ・評価・評判
  2. 長財布以外の小物商品の口コミ・評価・評判
  3. オークバークの特長
  4. オークバークの手入れ方法(メンテナンス)

オークバーク長財布各商品の口コミ・評価・評判

プルキャラックシリーズの長財布は全部で2種類あります。 違いがわかりやすいよう表にしました。

2商品とも外装内装共にオークバークを使用しています。 違いはデザインと価格です。

商品名
オークバークブリストル

オークバークブリストル

形状:ラウンドファスナー
価格:73,000円(税込)



商品名
オークバークウェスターリー

オークバークウェスターリー

形状:かぶせ蓋
価格:70,000円(税込)


では、オークバークシリーズの各商品の口コミ・評価・評判をご紹介しましょう。

オークバークブリストル(73,000円)

ココマイスターのオークバークブリストルのレザーの何とも言えない風合いが気に入って購入しました。楽天市場などでも似たような商品が売られているようですが、やっぱり革製品はココマイスターというイメージがあり、その中でも特に革のビンテージ感が渋くておしゃれなオークバークを選びました。靴にも使われるような丈夫な革が使われているとのことで耐久性にも優れていて、エイジングによる深みの変化もこれからが楽しみですね。

オークバークは、チャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフの5色で展開しています。

オークバークウェスターリー(70,000円)

自分への昇進祝いにココマイスターで大人っぽいかっこいい財布を探していて、オークバークウェスターリーのウィスキー樽のような渋い風合いに一目惚れをして購入しました。ココマイスターは以前から利用していたのですが、特にオークバークは職人の手作り感がすごくて、デザインもシンプルながら格式高い革の感じが生かされていてとても満足しています。使い続けていくともっと手に馴染んで、渋くなっていくはずなのでそれも楽しみです。

最高品質の保持に354日と1日をかけて鞣した製法により、味のある表情を楽しむことができます。

長財布以外の小物商品の口コミ・評価・評判

ココマイスターでは長財布が大人気ですが、二つ折りのの財布や小銭入れ、名刺入れなどもシリーズ化されています。

単体で持つものありですが、セットで揃えると更にできる男っぷりが上がります。 ここでは、長財布以外の小物に関する口コミ・評価・評判をご紹介します。

二つ折り


オークバークバットクーム(52,000円)

オークバークバットクーム(52,000円)

ココマイスターの中では、オークバークが気に入っています。価格もそこそこしますが、ヴィンテージ感のある色が素晴らしいです。絶滅寸前の製法で作られたオークバークバットクームは、ブラック系とブラウン系があります。どちらも、魅力的なカラーなので、購入するときに困ってしまいました。使えば使うほど風合いが良くなります。とにかく使用していると、「なに?その財布!」と言われるほど独特で個性的な財布です。大変気に入っています。

白い刷毛のあとのようなものは、ロウです。とれてくると美しい光沢に変化していきます。

名刺入れ


オークバークマークスベリー(26,000円)

オークバークマークスベリー(26,000円)

ココマイスターには、魅力ある商品が多いのですが、中でも気に入っているのがオークバークシリーズです。オークバークマークスベリーは、メインのマチ付きポケットに名刺が50枚くらい入ります。フリーポケットがついているので、定期券を入れています。 ココマイスターの大阪心斎橋店は、革製品の専門店として人気があります。店のスタッフの対応が丁寧で、気持ちよく商品を選ぶことができます。熟練した職人が作るオークバークマークスベリーは、デザインも素敵で、ロウ仕上げなので艶があります。

ココマイスターの実店舗は、6カ所ありますが、そのうち銀座並木通り店だけは財布の取り扱いが無いので注意してください。

なかなか実店舗には行けない方も、公式ページや楽天などの通販を利用して購入することができます。

小銭入れ


オークバークパッチウェイ

オークバークパッチウェイ(32,000円)

ココマイスターのオークバークの中で、比較的に購入しやすいアイテムがオークバークパッチウェイです。年上の男性へのプレゼントは何をプレゼントすれば良いのか迷うことが多いのですが、ココマイスターを知ってからは、迷うことがなくなりました。 小銭入れは、よく使うものなので喜ばれます。オークバークパッチウェイは、マチ付きのポケットが2つあり、マチのないポケットが3つあります。内側にお札もたたんで入れられるので、とても便利です。価格も手頃で、ラウンドファスナーを閉めればコンパクトに収納することができます。内装も素敵で、ブルームが取れると革の深みが増して、手になじむのも魅力のひとつです。

ココマイスターの商品はよく贈り物として購入されています。 実は購入者の約半数がギフト用だそうです。 無料でリボンラッピングしてくれます。

オークバークの特長

オークバークの特長

イギリスには、紀元前から続くオークの木の皮だけで革を作る製法があります。絶滅寸前の製法によって作り出されたのが、オークバークシリーズです。コストがかかり、効率が悪いために忘れ去れていた製法ですが、ココマイスターはこの製法を採用してヴィンテージ感のある美しい財布を完成させました。

ココマイスターのオークバークは、樹木の色そのものを着色しているので、一般的な顔料や染料では表現できない色味を実現できます。表面は、イギリスらしく磨いた後にロウを使っています。経年変化により、ロウがとれ独特の味わいが出てきます。

ココマイスターでは、長い時間を要するアナログな製法をあえて採用することで、気品と深みのある美しい財布を作り出すことができたのです。

オークバークの手入れ方法(メンテナンス

ロンドンブライドルの手入れ方法(メンテナンス)

非常に珍しい素材であるオークバークを使用したココマイスターの財布は、耐久性に優れ非常に丈夫な仕上がりとなっています。そのため、使い初めは硬いように思えるかもしれませんが、無理に力を加えず使いながら徐々に慣らしていきます。革の表面にはロウが付いており、これが取れない内はメンテナンスは必要ありません。ロウが取れてきた際には、次の手順でメンテナンスを行います。

まず、ブラシや乾拭きで汚れを取り除きます。乾燥が気になる場合は、クリームを薄く塗って馴染ませ、乾拭きをします。きちんとクリームを塗っておかないと、素材の傷みが進行しやすく、ツヤが出てきます。また、革製品のため防水対策も大切で、防水スプレーを塗っておくと安心です。以上になります。高級品であるココマイスターのオークバークを長く愛用するためにも、日頃のメンテナンスはきちんと行うようにしましょう。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ