予算で探す

2万円以上の革財布

「有名ブランドの革財布が欲しいけど、高くて買えない。」
「ある程度ブランドが知られていて、長く使える革財布が欲しい」

ノーブランドは嫌。高すぎるのは無理。ダサい財布は嫌…そんな人におすすめなのが、日本製の革財布「ココマイスター」です。

男性雑誌でも最近注目されている日本製財布のブランドです。最高級の皮革を日本の熟練職人たちが、手作業で作るクオリティの高い革財布です。

プレゼントとして喜ばれる革財布

2万円台の革財布なら入学祝、就職祝いなどとしてプレゼントをしても喜ばれることは間違いないでしょう。高校生、大学生、新社会人…自分で購入するには少々高くてもプレゼントとしてもらうなら丁度いいのではないでしょうか。

2万円台で購入できるおすすめの革財布は…

2万円台で購入できるおすすめの革財布は…

◆ブライドル・インペリアルウォレット 28,000円

【本体】ブライドルレザー 
【内装】ヌメ革 
【カラー】ブラック/モスグリーンロイヤルブラウン/ダークネイビー/ロンドンキャメル/ボルドーワイン/スイスレッド/ヘーゼル

見た目がスマートなのに、思っている以上に大容量。カード収納は縦型で13枚収納できる優れもの。スーツとの相性も抜群で、スーツの内ポケットに入れることができるからビジネスシーンにおすすめです。

公式サイトはこちら

◆マットーネ ラージウォレット 26,000円

【本体】マットーネ 
【内装】ヌメ革
【カラー】オールドブラック/ブランデー/ビターチョコ

ココマイスターでも一番人気な長財布です。シンプルなデザインなので飽きることもなく、品のあるデザインなので、どの年代からも喜ばれる長財布。 カード収納が8つ、フリーポケットが2つ、小銭入れと札入れが2つなので、多くを持ち歩きたい人には重宝する形です。

公式サイトはこちら

3万円以上の革財布

3万円も出せばそこそこ知れたブランドの革財布は購入できるでしょう。だけど、その革財布は日本製ですか?革財布職人が製作したものですか? ブランドの革財布が高い理由は、ほとんどがネームバリュー代。革代が2割で、ネームバリュー代が8割なんだそうです。

革財布を購入する際に気を付けるべき点は、革はイタリア製で縫製技術は日本製がベストだという点。

イタリア製の革は発色がよく上質

イタリアは、バケッタ製法などの伝統製法を1000年近くも守り続けて革作りをしている国なので革に関して最高峰。 日本の革職人の作る革財布は、機械ではなく手作業で1点1点を丁寧に縫製するので、一生涯使える革財布なのです。

イタリア×日本の職人が作り出す革財布なら安心して購入できます。 3万円台で一番おすすめの革財布は…

◆ブライドル・グランドウォレット 30,000円

【本体】コードバン 
【内装】ヌメ革 
【カラー】漆黒/こげ赤茶

ココマイスターのコードバンは、国産最高級のコードバンを使用した革財布です。コードバンの王様と呼ばれる限定レザーを使用した長財布…ビジネスシーンやカジュアルシーンでも大活躍は間違いないでしょう。

コードバン長財布には小銭入れが付いていないので、小銭入れは別売りの小銭入れを購入する必要があります。おそろいの小銭入れを購入することで統一感が出てお洒落です。

公式サイトはこちら

4万円以上の革財布

亀田潤一郎(著)の「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」という本によると、年収1,000万円を目指すなら5万円以上の財布を買いなさい…と書かれています。

500人以上の社長の財布を見てきた税理士さんが教えてくれる共通ルールとなれば信頼性ありです。本気で稼ぎたいなら5万円以上の長財布を買うべし!

ココマイスターで5万円以上で、一番おすすめの長財布は、「ジョージブライドル・ロイヤルウォレット」です。

◆ジョージブライドル・ロイヤルウォレット 50,000円

【本体】ブライドルレザー 
【内装】ブライドルレザー/ヌメ革 
【カラー】ブラック/ロイヤルブラウン/ダークネイビー/ボルドーワイン/ヘーゼル/モスグリーン

ココマイスターで販売されている中でも一番高い長財布です。生産本数が極めて少ないブライドルレザーを全面に使用した贅沢なつくり。

限られた職人しか製作することができないので希少性は高く、馬具革が醸し出す重厚感はブライドルシリーズの中でも特別です。「優雅」「高貴」「贅沢」といった言葉が似合う長財布です。

公式サイトはこちら

◆ジョージブライドル・バイアリーウォレット 43,000円

【本体】ブライドルレザー 
【内装】ブライドルレザー/ヌメ革 
【カラー】ブラック/ロイヤルブラウン/ボルドーワイン/ダークネイビー/ヘーゼル/モスグリーン

両面がブライドルで作られた職人泣かせの長財布です。全体的には薄い仕上がりなのに、カードポケット×14、フリーポケット×2、札入れ×1、ファスナー付小銭入れ×1という優れもの。

表面に浮き出ているロウは、使い続けるうちに取れ、美しい光沢へと変わる経年変化を楽しむ事ができます。元々、馬具に使用されるほどの革なので、頑丈で硬く傷にも強いのが特徴です。

公式サイトはこちら

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ